株主優待特集

株主優待の獲得資格や銘柄入手タイミング、注意点などを解説します。

株式投資のススメ

厳選 株主優待

株主優待とは、企業が株主に対して自社製品やサービスを無料でプレゼントするお得な制度のこと。普段から愛用している製品や高級食材を株主優待で貰うことを目的に銘柄を選ぶ投資家も多いのだとか。女性投資家には特に食品が人気で、株主優待を実施している企業ではホームページのIR情報に株主優待の内容を紹介しているところもあるほどです。株主優待の権利確定月は企業によってバラバラですから、月別に株主優待スケジュールを立てれば1年を通して優待ゲットも夢ではありません。株主優待は、まさに投資家のもうひとつの楽しみと言えるでしょう。


※2005年時点の特集記事のため、現在の内容と異なる場合があります。
 最新情報は各証券会社のホームページでご確認ください。

株主優待のここがすばらしい!

お得なサービスやプレゼントが貰える!
現在、株主優待を実施している企業は800社以上。株主優待の内容は企業によってさまざまで、食事券や百貨店の割引券、お米やお酒などの食べものの他、中には保険に無料で加入できる会社もあります。
VIPな気分を味わえる!
株主優待の中には、株主のためだけの特製自社製品、オリジナルグッズなどがあります。またレコード会社の場合、人気アーティストの極秘ライブに招待されることも!この特別感はまさにVIPです。

株主優待をうけるにはどうしたらいいの?

株主優待までのステップ
  • 1証券会社に口座を開く
  • 2お目当ての企業の決算月と優待をCHECK!
  • 3権利確定日の5営業日前までに株を購入!
  • 4株主優待をGET!
買いのタイミングに注意!
株主優待は、株を買えば必ず受けられるわけではありません。「権利確定日(割当基準月の月末)」の5営業日前までには株を購入し、かつ名義書換の手続きを完了しておく必要があります(名義書換には3〜4週間を要します)。名義書換手続きのほかに、「保管振替制度」を利用して株主の権利を得る方法もあり、通称「保振」と呼ばれるこの制度を利用すると、自動的に実質株主として登録されるため、権利確定日の5営業日前までに株を購入すればOKです。
購入時のチェックポイント
株式投資をする際はお目当ての企業の決算月を必ず確認し、株主優待を受けるにはどのくらいの株数が必要なのかも調べておきましょう。会社によっては決算月だけでなく、年に2回以上、株主優待を実施する場合もあります。魅力を感じる企業の決算月をカレンダーと照らし合わせてみてはいかがでしょう。
優待はどうやってゲットする?
まずは株式投資をするために証券会社に口座を開設するところから始めましょう。取扱株式銘柄数の多い証券会社で口座を開けば、さまざまな企業を比較・検討できます。株主優待が届くのは権利確定日から3〜4ヶ月後が通常ですが、目当ての企業の権利確定月を月別ごとに把握しておけば、年間を通して優待を受けられる可能性もあります。

ネット証券会社 人気ランキング TOP 3

  1. ライブスター証券
    安さがその都度うれしい「一律(つどつど)プラン」など手数料は業界最安値水準
    ライブスター証券の公式サイトへ
  2. マネックス証券
    取扱商品が多く、投資の幅が広がります!
    マネックス証券の公式サイトへ
  3. 楽天証券
    手数料さらに値下げ!ポイントバックキャンペーンも実施中!
    楽天証券の公式サイトへ

※ 資料請求数等の指標をもとに、順位を算出しています